※本稿は「Wikipedia」からの引用で構成しております

年間トピックス

1月
  • 1月13日 – リトアニアにソビエト連邦が軍事介入(血の日曜日事件)。
  • 1月17日 – 多国籍軍のイラク空爆開始により湾岸戦争勃発。
  • 1月17日 – オーラヴ5世の崩御によりハーラル5世がノルウェー国王に即位。
  • 1月24日 – 日本政府が多国籍軍に110億円の追加支援を決定。
2月
  • 2月9日 – 独立をめぐるリトアニアの国民投票が行われる。
  • 2月9日 – 福井県の関西電力美浜原子力発電所で原子炉が自動停止する事故が発生。
  • 2月27日 – 多国籍軍、クウェート解放。
3月
  • 3月1日 – サム・ヒューストンに対して原子力艦再利用プログラムに従って処置が始められた。
  • 3月1日 – クレイトン・キース・ヤイターがアメリカ合衆国農務長官を退任。
  • 3月3日 – ロドニー・キング暴行事件
  • 3月3日 – ユナイテッド航空585便墜落事故が発生。
  • 3月25日 – マレーシア発シンガポール行きシンガポール航空ハイジャック事件発生
  • 3月26日 – カエル少年事件
4月
  • 4月6日 – イラク、国連安保理の停戦勧告を受諾(4月11日発効)。
  • 4月16日 – ミハイル・ゴルバチョフソ連大統領訪日( – 4月19日)。
  • 4月26日 – 海上自衛隊のペルシャ湾掃海派遣部隊が出発(自衛隊初の海外派遣)。
5月
  • 5月21日 – ラジーヴ・ガンディー元インド首相暗殺。
  • 5月29日 – エリトリアがエチオピアからの独立を宣言した(独立は1993年に承認された)。
  • 5月31日 – アジア開発銀行(ADB)が本部をフィリピンマニラ首都圏パサイ地区から同マンダルヨル地区に移した。旧本部の建物はフィリピン外務省が入居した。
6月
  • 6月15日 – IOCが1998年冬季オリンピック開催地を長野市に決定。
  • 6月20日 – ドイツ、ベルリンへの首都移転決定。
  • 6月23日 – マツダ・787B、日本車として初めてル・マン24時間レース総合優勝。
  • 6月25日 – スロベニアとクロアチア、ユーゴスラビアより独立宣言(9月8日、マケドニア共和国独立宣言)。
  • 6月27日 – スロベニア、十日間戦争勃発(7月8日終結、スロベニア勝利宣言)。
  • 6月28日 – 経済相互援助会議(コメコン)解散。
7月
  • 7月1日 – ワルシャワ条約機構解体。
  • 7月9日 – IOCが南アフリカ共和国のオリンピック大会復帰を承認。
  • 7月11日 – カナダのノリス・エアチャーター便DC-8型機がサウジアラビアのジッダ・キング・アブドゥルアズィーズ国際空港を離陸直後に墜落、乗員乗客261名全員が死亡。なお、この機体は元日本航空のJA8057。
  • 7月15日 – ロンドンサミット開幕( – 7月17日)。
  • 7月31日 – ジョージ・H・W・ブッシュ米国大統領とミハイル・ゴルバチョフソ連大統領、第一次戦略兵器削減条約(START I)に調印。
  • 7月31日 – リトアニア・ベラルーシ国境のメディニンカイ(Medininkai)にて、7人のリトアニア警備員がソ連内務省特殊部隊(OMON)によって殺害される。
8月
  • 8月6日 – ティム・バーナーズ=リーによって世界初のWorld Wide Webサイトが開設。
  • 8月19日 – ソ連8月クーデター発生、保守派がゴルバチョフ大統領を軟禁(8月21日、クーデター失敗)。
  • 8月23日 – 1991年世界陸上選手権が東京の国立霞ヶ丘陸上競技場で開幕( – 9月1日)。
  • 8月29日 – セミパラチンスク核実験場閉鎖。
  • 8月31日 – キルギスがソビエト連邦からの独立を宣言。
9月
  • 9月2日 – アメリカ合衆国がバルト三国の独立を承認。
  • 9月6日 – ソビエト連邦、バルト三国の独立承認。
  • 9月8日 – マケドニア共和国がユーゴスラビアから独立。
  • 9月9日 – タジキスタンがソビエト連邦から独立。
  • 9月17日 – 韓国、北朝鮮が国連に同時加盟、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国も国連に加盟。
  • 9月19日 – アルプス山脈の氷河で、約5300年前の男性のミイラ「アイスマン」を発見。
  • 9月22日 – クロアチア、ユーゴスラビア軍と衝突(クロアチア紛争、1995年まで続く)。
  • 9月26日 – アメリカ、実験施設バイオスフィア2にて、閉鎖空間に滞在する実験が科学者8名によって開始される(第1回は1993年まで、第2回実験の途中で中断)。
10月
  • 10月5日 – リーナス・トーバルズがLinuxカーネルをリリース。
  • 10月7日 – リトアニアがユネスコに加盟。
  • 10月14日 – ミャンマーのアウンサンスーチーにノーベル平和賞。
  • 10月21日 – マツダが「クロノス」/「MS-6」を発売(これにより「カペラセダン」は21年の歴史に幕を閉じるが、1994年に復活し2002年まで発売)。
  • 10月21日 – アメリカ・カリフォルニア州オークランドでオークランド・ヒル火災が発生し、死者24名・焼失家屋約3000棟の被害を出した。
  • 10月23日 – カンボジア和平に関するパリ協定調印。
  • 10月29日 – 世界女子チェス選手権大会がマニラで行われ中国の謝軍(20歳)がグルジア出身のマイア・チブルダニゼに勝ち(812–612)、東欧諸国による独占が終わる。
11月
  • 11月24日 – イギリスのロックバンド、クイーンのボーカルのフレディ・マーキュリーがニューモシスチス肺炎のため死去。
  • 11月28日 – 日蓮正宗、信徒団体の創価学会組織を破門。
12月
  • 12月4日 – アメリカのパンアメリカン航空(パンナム)が運航停止、倒産。
  • 12月6日 – 11月30日に北朝鮮を電撃訪問した「世界基督教統一神霊協会」(統一教会)教祖の文鮮明牧師が金日成主席と会談。
  • 12月8日 – 独立国家共同体 (CIS) の創立宣言、ソ連離脱の合意(ベロヴェーシ合意)。
  • 12月24日 – 北朝鮮の平壌放送が、朝鮮労働党中央委員会総会で金正日書記の朝鮮人民軍最高司令官への就任が決定したと発表。
  • 12月25日 – ソビエト連邦崩壊、ゴルバチョフ大統領辞任。
  • 12月29日 – 中国が核拡散防止条約の参加を決定。
日付不詳
  • 日本の飯島澄男(当時:NEC筑波研究所研究員)によってカーボンナノチューブが発見される。

天候・天災・観測等

  • 6月 – フィリピンのピナトゥボ山が大噴火。20世紀最大規模。

芸術・文化・ファッション

スポーツ
  • ル・マン24時間レース
    • 優勝車 マツダ・787B
    • 優勝ドライバー フォルカー・バイドラー/ジョニー・ハーバート/ベルトラン・ガショー
  • F1世界選手権
    • ドライバーズチャンピオン アイルトン・セナ
    • コンストラクターズチャンピオン マクラーレン・ホンダ
  • ロードレース世界選手権
    • 500cc ウェイン・レイニー
    • 250cc ルカ・カダローラ
    • 125cc ロリス・カピロッシ

音楽

  • 玉置浩二が2度目の結婚。相手は歌手、女優の薬師丸ひろ子(1998年に離婚)。
  • 小田和正の「Oh! Yeah! ⁄ ラブ・ストーリーは突然に」がシングルでは1975年の「およげ!たいやきくん」(子門真人)以来16年ぶりに200万枚以上の売り上げを記録。
  • CHAGE&ASKA「SAY YES」が、オリコンシングルチャート13週連続1位となった。90年代1位獲得週最長記録である。ちなみに、2位は、1992年の浜田省吾「悲しみは雪のように」の8週連続(通算10週)。
  • 松任谷由実のアルバム「天国のドア」が日本人初200万枚の売上突破。第5回日本ゴールドディスク大賞”アーティスト・オブ・ザ・イヤー”を1枚のCD売上だけで受賞。現時点で、ユーミン一人である(2015年現在)。
  • 11月24日、クイーンのヴォーカリスト、フレディ・マーキュリーがエイズによるニューモシスチス肺炎で死去。
  • 10月31日にTMNの小室哲哉とXのYOSHIKIが記者会見を開き、2人で新ユニットV2を結成することを発表した。

デビュー

  • 1月30日 -中嶋美智代/赤い花束
  • 2月10日 – ZARD/Good-bye My Loneliness
  • 2月14日 – Mi-ke/想い出の九十九里浜
  • 3月25日 – スピッツ/ヒバリのこころ(シングル)、スピッツ(アルバム)
  • 4月10日 – 電気グルーヴ/FLASH PAPA
  • 4月12日 – BLANKEY JET CITY/不良少年のうた(シングル)、Red Guitar And The Truth(アルバム)
  • 4月21日 – フィッシュマンズ/ひこうき、LUNA SEA/LUNA SEA
  • 5月21日 – the pillows/雨にうたえば
  • 6月12日 – 井上晴美/ふりむかないで
  • 6月14日 – ORIGINAL LOVE/DEEP FRENCH KISS
  • 6月21日 – 中條かな子/天使の罠
  • 7月10日 – T-BOLAN/悲しみが痛いよ、胡桃沢ひろ子/スパーク・プラグ
  • 7月21日 – GAO/天国と地獄の毎日
  • 8月21日 – KIX-S/KIX-S
  • 8月26日 – ブラー/レジャー
  • 8月29日 – 黒夢/黒夢
  • 9月9日 – SMAP/Can’t Stop!! -LOVING-
  • 9月21日 – CHARA/Heaven
  • 10月9日 – 高橋洋子/おかえり
  • 10月30日 – スワーヴドライヴァー
  • 12月4日 – WANDS/寂しさは秋の色
  • 不明 – AFX/Analogue Bubblebath Vol I
  • 不明 – Air Liquide/Neue Frankfurter Elektronik Schule

解散

  • 2月14日 – レベッカ
  • 不明 – CHA-CHA

アルバム

  • 1月1日 – ピチカート・ファイヴ:『女性上位時代 “THIS YEAR’S GIRL”』
  • 2月4日 – クイーン:『イニュエンドウ』
  • 6月11日 – クラフトワーク:『THE MIX』
  • 7月1日 – X:『Jealousy』
  • 7月22日 – LFO:『FREQUENCIES』
  • 9月23日 – プライマル・スクリーム:『Screamadelica』
  • 9月24日 – ニルヴァーナ:『Nevermind』
  • 12月26日 – 小室哲哉:『マドモアゼル モーツァルト』

日本で活躍したアーティスト

年間売上金額TOP10
  • 1位 B’z/103.9億円
  • 2位 CHAGE&ASKA/101.8億円
  • 3位 小田和正/63.1億円
  • 4位 松任谷由実/61.6億円
  • 5位 DREAMS COME TRUE/60.9億円
  • 6位 LINDBERG/50.4億円
  • 7位 米米CLUB/49.4億円
  • 8位 プリンセス・プリンセス/48.5億円
  • 9位 KAN/47.9億円
  • 10位 永井真理子/45.6億円

洋楽

洋楽シングル

  • Celine Dion & Peabo Bryson – Beauty and the Beast
  • エニグマ – Sadeness Part I
  • イレイジャー – Love to Hate You
  • Europe – “Prisoners in Paradise”, “I’ll Cry For You”
  • Heavy D & The Boys – Now That We Found Love
  • Kiss – God Gave Rock and Roll to You II
  • The KLF – 3 AM Eternal
  • The KLF – Last Train to Transcentral
洋楽アルバム
  • R.E.M. – アウト・オブ・タイム
  • インエクセス – X
  • ニルヴァーナ – ネヴァーマインド

オリコン年間TOP50

シングル

※集計期間 1990年12月3日付 – 1991年11月25日付

  • 1位 小田和正:「Oh! Yeah!/ラブ・ストーリーは突然に」
  • 2位 CHAGE&ASKA:「SAY YES」
  • 3位 KAN:「愛は勝つ」
  • 4位 槇原敬之:「どんなときも。」
  • 5位 ASKA:「はじまりはいつも雨」
  • 6位 小泉今日子:「あなたに会えてよかった」
  • 7位 B’z:「LADY NAVIGATION」
  • 8位 長渕剛:「しゃぼん玉」
  • 9位 DREAMS COME TRUE:「Eyes to me/彼は友達」
  • 10位 B’z:「ALONE」
  • 11位 沢田知可子:「会いたい」
  • 12位 辛島美登里:「サイレント・イヴ」
  • 13位 プリンセス・プリンセス:「ジュリアン」
  • 14位 織田裕二:「歌えなかったラヴ・ソング」
  • 15位 TUBE:「さよならイエスタデイ」
  • 16位 バブルガム・ブラザーズ:「WON’T BE LONG」
  • 17位 TMN:「Love Train/We love the EARTH」
  • 18位 ビリー・ヒューズ:「とどかぬ想い」
  • 19位 大江千里:「格好悪いふられ方」
  • 20位 とんねるず:「情けねえ」
  • 21位 中森明菜:「二人静 -「天河伝説殺人事件」より」
  • 22位 山下達郎:「クリスマス・イブ」
  • 23位 B.B.クィーンズ:「ギンギラパラダイス/君にコケコッコー!」
  • 24位 サザンオールスターズ:「ネオ・ブラボー!!」
  • 25位 井上陽水:「少年時代」
  • 26位 プリンセス・プリンセス:「KISS」
  • 27位 米米CLUB:「Shake Hip!」
  • 28位 CHAGE&ASKA:「太陽と埃の中で」
  • 29位 LINDBERG:「BELIEVE IN LOVE」
  • 30位 永井真理子:「ZUTTO」
  • 31位 児島未散:「ジプシー」
  • 32位 Mi-Ke:「想い出の九十九里浜」
  • 33位 嘉門達夫:「替え唄メドレー」
  • 34位 B.B.クィーンズ:「おどるポンポコリン」
  • 35位 KATSUMI:「Just time girl/Crossing Love」
  • 36位 永井真理子:「ハートをWASH!」
  • 37位 工藤静香:「ぼやぼやできない」
  • 38位 堀内孝雄:「恋唄綴り」
  • 39位 ランディ・クロフォード:「スウィート・ラヴ」
  • 40位 尾崎豊:「I LOVE YOU」
  • 41位 中山美穂:「Rosa」
  • 42位 中山美穂:「遠い街のどこかで…」
  • 43位 氷室京介:「Crime of Love」
  • 44位 米米CLUB:「ひとすじになれない」
  • 45位 香西かおり:「流恋草」
  • 46位 川村かおり:「翼をください」
  • 47位 森口博子:「ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜」
  • 48位 伍代夏子:「恋挽歌」
  • 49位 やまだかつてないWink:「さよならだけどさよならじゃない」
  • 50位 工藤静香:「メタモルフォーゼ」
アルバム
  • 1位 松任谷由実:『天国のドア』
  • 2位 CHAGE&ASKA:『TREE』
  • 3位 B’z:『MARS』
  • 4位 プリンセス・プリンセス:『PRINCESS PRINCESS』
  • 5位 小田和正:『Oh! Yeah!』
  • 6位 ASKA:『SCENE II』
  • 7位 LINDBERG:『LINDBERG IV』
  • 8位 杏里:『NEUTRAL』
  • 9位 渡辺美里:『Lucky』
  • 10位 B’z:『RISKY』
  • 11位 DREAMS COME TRUE:『MILLION KISSES』
  • 12位 X:『Jealousy』
  • 13位 今井美樹:『Lluvia』
  • 14位 DREAMS COME TRUE:『WONDER 3』
  • 15位 浜田省吾:『EDGE OF THE KNIFE』
  • 16位 山下達郎:『ARTISAN』
  • 17位 KAN:『野球選手が夢だった。』
  • 18位 氷室京介:『Higher Self』
  • 19位 TMN:『EXPO』
  • 20位 原由子:『MOTHER』
  • 21位 岡村孝子:『Chou-fleur』
  • 22位 永井真理子:『POCKET』
  • 23位 Various Artists:『やまだかつてないCD (CASETTE)』
  • 24位 岡村孝子:『After Tone II』
  • 25位 米米CLUB:『K2C (初回盤)』
  • 26位 B’z:『BAD COMMUNICATION』
  • 27位 LINDBERG:『EXTRA FLIGHT』
  • 28位 久保田利伸:『KUBOJAH』
  • 29位 辛島美登里:『GREEN』
  • 30位 B’z:『WICKED BEAT』
  • 31位 米米CLUB:『米米CLUB』
  • 32位 M.C.ハマー:『プリーズ・ハマー・ドント・ハーテム』
  • 33位 永井真理子:『WASHING』
  • 34位 COMPLEX:『19901108』
  • 35位 沢田知可子:『TO YOU!』
  • 36位 鈴木雅之:『MARTINI』
  • 37位 KATSUMI:『ONE』
  • 38位 TUBE:『湘南』
  • 39位 浜田麻里:『TOMORROW』
  • 40位 JUN SKY WALKER(S):『START』
  • 41位 矢沢永吉:『Don’t Wanna Stop』
  • 42位 チャゲ&飛鳥:『SUPER BEST』
  • 43位 中山美穂:『COLLECTION II』
  • 44位 大江千里:『HOMME』
  • 45位 布袋寅泰:『GUITARHYTHM II』
  • 46位 米米CLUB:『K2C』
  • 47位 レベッカ:『The Best of Dreams Another side』
  • 48位 マドンナ:『ウルトラ・マドンナ 〜グレイテスト・ヒッツ』
  • 49位 徳永英明:『Revolution』
  • 50位 PERSONZ:『PRECIOUS?』

主要な賞

第33回日本レコード大賞
歌謡曲・演歌部
  • 日本レコード大賞 – 北島三郎:『北の大地』
  • アルバム大賞 – 堀内孝雄:『GENTS』
  • 最優秀歌唱賞 – 坂本冬美:『火の国の女』
  • 最優秀新人賞 – 唐木淳:『やせがまん』
  • 美空ひばり賞 – 藤あや子:『雨夜酒』
  • ゴールド・ディスク賞 – 香西かおり:『流恋草』、桂銀淑:『悲しみの訪問者』
  • 新人賞 – しじみとさざえ:『想い出の九十九里浜』
ポップス・ロック部門
  • 日本レコード大賞 – KAN:『愛は勝つ』
  • アルバム大賞 – 山下達郎:『ARTISAN』
  • 最優秀ボーカル賞 – ASKA:『はじまりはいつも雨』
  • 最優秀新人賞 – Mi-Ke:『想い出の九十九里浜』
  • ゴールド・ディスク賞 – 小泉今日子:『あなたに会えてよかった』、CHAGE&ASKA:『SAY YES』、小田和正:『ラブ・ストーリーは突然に』
  • 新人賞 – 中嶋美智代:『赤い花束』、槇原敬之:『どんなときも。』、観月ありさ:『伝説の少女』
第24回日本有線大賞
  • 日本有線大賞 – 香西かおり:『流恋草』
  • 最多リクエスト歌手賞 – B’z:『LADY NAVIGATION』
  • 最多リクエスト曲賞- 沢田知可子:『会いたい』
  • 最優秀新人賞 – Mi-ke:『ブルーライト・ヨコスカ』
第5回日本ゴールドディスク大賞

(対象期間 1990年2月1日 – 1991年1月31日)

  • 邦楽 – 松任谷由実
  • 洋楽 – マドンナ

映画

  • プロジェクト・イーグル
  • 羊たちの沈黙
  • ターミネーター2
本国公開映画(日本公開は翌年以降)
  • バグジー
  • JFK
  • ポンヌフの恋人
  • 牯嶺街少年殺人事件
  • 子猫になった少年
  • 美女と野獣
  • アメリカ物語2/ファイベル西へ行く

文学

  • ベストセラー
    • 陳舜臣 『諸葛孔明』
    • シドニィ・シェルダン『血族』

ゲーム

セガが家庭用ゲーム機「メガドライブ」の周辺機器「メガCD」を日本で発売(欧州では1993年に発売)。なお、北米では“Sega Genesis”(北米版のメガドライブに当たる)の周辺機器“Sega CD”として1992年に発売されている。

誕生

1月
  • 1月2日 – 林羿豪、プロ野球選手
  • 1月2日 – ダビデ・サントン、サッカー選手
  • 1月4日 – パスカル・ボドマー、スキージャンプ選手
  • 1月5日 – イヴァン・ヴォロブエフ、アイスダンス選手
  • 1月6日 – イェルーン・ズート、サッカー選手
  • 1月7日 – エデン・アザール、サッカー選手
  • 1月7日 – 倉本寿彦、プロ野球選手
  • 1月7日 – クレマン・グラニエ、サッカー選手
  • 1月8日 – 任基準、プロ野球選手
  • 1月8日 – ホルヘ・エンリケス、サッカー選手
  • 1月8日 – タッド・フジカワ、ゴルファー
  • 1月9日 – ティム・レビット、PrizmaX
  • 1月12日 – ピクシー・ロット、歌手
  • 1月12日 – エセキエル・カルベンテ、サッカー選手
  • 1月13日 – ク・ハラ、歌手(KARA)
  • 1月13日 – ジュヌヴィエーヴ・ゴーント、女優
  • 1月14日 – アーロン・アルテール、メジャーリーガー
  • 1月14日 – トッド・ヴァン・スティーンゼル、マイナーリーガー
  • 1月15日 – アリサ・アガフォノヴァ、アイスダンス選手
  • 1月15日 – ダリヤ・クリシナ、陸上選手
  • 1月21日 – クレイグ・ロバーツ、俳優
  • 1月22日 – アシュリー・ポンセ、マイナーリーガー
  • 1月23日 – アラン・ガタゴフ、サッカー選手
  • 1月24日 – エニー・ロメロ、メジャーリーガー
  • 1月26日 – アレックス・サンドロ・ロボ・シウバ、サッカー選手
  • 1月26日 – エステバン・アンドラダ、サッカー選手
  • 1月27日 – アレクサンダル・イグニョフスキ、サッカー選手
  • 1月31日 – コリーヌ・ブルーンス、フィギュアスケート選手
  • 1月31日 – ギジェルモ・エレディア、野球選手
  • 1月31日 – ブライアン・カラスコ、サッカー選手
2月
  • 2月1日 – ルカ・カルディローラ、サッカー選手
  • 2月2日 – マット・ボイド、メジャーリーガー
  • 2月2日 – フランシスコ・フェメニア、サッカー選手
  • 2月4日 – 大政絢、女優、ファッションモデル
  • 2月5日 – サンニ・ウトリアイネン、陸上競技選手
  • 2月8日 – ナム・ウヒョン(朝鮮語版、英語版)、歌手、INFINITE
  • 2月10日 – エマ・ロバーツ、女優
  • 2月15日 – リッチ・スワン、プロレスラー
  • 2月16日 – セルヒオ・カナレス、サッカー選手
  • 2月16日 – アレクサンドラ・ド・リュクサンブール、アレクサンドラ大公
  • 2月17日 – エド・シーラン、歌手
  • 2月17日 – ボニー・ライト、女優、映画監督
  • 2月18日 – ヘンリー・サーティース、レーシングドライバー(+ 2009年)
  • 2月20日 – セバスチアン・イヴァサキ、フィギュアスケート選手
  • 2月21日 – デボン・トラビス、メジャーリーガー
  • 2月22日 – ロビン・シェーンベリ、歌手
  • 2月23日 – インナ・コロブキナ、女優
  • 2月24日 – マディソン・ハベル、フィギュアスケート選手
  • 2月26日 – CL、歌手
  • 2月27日 – 蓮佛美沙子、女優
  • 2月28日 – サラ・ボルジャー、女優
3月
  • 3月1日 – ロベルト・スアレス、プロ野球選手
  • 3月3日 – パク・チョロン、歌手、女優
  • 3月4日 – 中村蒼、俳優
  • 3月6日 – レイトン・パンギリナン、プロ野球選手
  • 3月6日 ‐ アレクサンダル・ドラゴヴィッチ、サッサー選手
  • 3月8日 – アンナ・カジャリナ、バレーボール選手
  • 3月9日 – トーマス・クルーズ、サッカー選手
  • 3月10日 – 米津玄師、シンガーソングライター
  • 3月11日 – リンリン、元モーニング娘。
  • 3月12日 – フェリックス・クロース、サッカー選手
  • 3月12日 – 李載冠、サッカー選手
  • 3月13日 – エディ・バトラー、メジャーリーガー
  • 3月15日 – セルゲイ・クリフツォフ、サッカー選手
  • 3月16日 – 咲妃みゆ、元宝塚雪組トップ娘役
  • 3月18日 – レウリー・ガルシア、メジャーリーガー
  • 3月21日 – アントワーヌ・グリエスマン、サッカー選手
  • 3月22日 – ダニー・ウェブ、ロードレース世界選手
  • 3月23日 – 千賀健永、アイドル(Kis-My-Ft2)
  • 3月26日 – ロブ・レフスナイダー、メジャーリーガー
  • 3月28日 – 飛鳥凛、女優、タレント
  • 3月28日 – 仲尾次オスカル、プロ野球選手
  • 3月28日 – 黒木優子、WBC女子世界ミニフライ級王者
  • 3月29日 – 深川麻衣、タレント、モデル、女優
  • 3月29日 – ヘイリー・マクファーランド、女優
  • 3月30日 – ジル・スヌ、サッカー選手
  • 3月31日 – ロドニー・スナイデル、サッカー選手
4月
  • 4月1日 – メラニー・リオス、ポルノ女優
  • 4月2日 – シボーン・マッコール、フィギュアスケート選手
  • 4月3日 – ジョナサン・ゲレイロ、フィギュアスケート選手
  • 4月4日 – ジェイミー・リン・スピアーズ、女優、歌手
  • 4月4日 – マーティン・ペレス、メジャーリーグ選手
  • 4月5日 – 赤間直哉、俳優
  • 4月6日 – エカテリーナ・リャザーノワ、フィギュアスケート選手
  • 4月8日 – 高橋みなみ、歌手、タレント(元AKB48)
  • 4月9日 – ガイ・アスリン、サッカー選手
  • 4月10日 – アマンダ・ミシェルカ、俳優、シンガーソングライター
  • 4月11日 – チアゴ・アルカンタラ、サッカー選手
  • 4月11日 – 蔡澤林、陸上競技選手[1]
  • 4月11日 – 真野恵里菜、女優、歌手
  • 4月15日 – 有岡大貴、Hey! Say! JUMP
  • 4月15日 – ハビエル・フェルナンデス、フィギュアスケート選手
  • 4月16日 – ノーラン・アレナド、メジャーリーガー
  • 4月19日 – ブライアン・ミッチェル、メジャーリーガー
  • 4月21日 – ライアン・リチャーズ、バスケットボール選手
  • 4月24日 – クセニヤ・オゼロワ、フィギュアスケート選手
  • 4月24日 – タイラー・ネイキン、メジャーリーガー
  • 4月27日 – 李政勳、プロ野球選手
  • 4月27日 – ジェイ・ハードウェイ、DJ、音楽プロデューサー
5月
  • 5月1日 – カリーナ・ジョンソン、フィギュアスケート選手
  • 5月1日 – マーカス・ストローマン、メジャーリーガー
  • 5月2日 – ジョナサン・ビヤー、メジャーリーグ選手
  • 5月3日 – マイク・モーリン、メジャーリーガー
  • 5月8日 – アネタ・ミハウェク、フィギュアスケート選手
  • 5月9日 – オズワルド・アルシア、メジャーリーガー
  • 5月10日 – エテネシュ・ディロ、陸上競技選手
  • 5月12日 – ナイダ・アクシャミヤ、フィギュアスケート選手
  • 5月13日 – ジョン・ライアン・マーフィー、メジャーリーガー
  • 5月15日 – フェミ・オグノデ、陸上選手
  • 5月16日 – アシュリー・ワグナー、フィギュアスケート選手
  • 5月16日 – ケビン・モスカテル、プロ野球選手
  • 5月20日 – アナスタシヤ・ヴィホドツェワ、フィギュアスケート選手
  • 5月21日 – ジェイコブ・ターナー、メジャーリーグ選手
  • 5月23日 – レナ・マイヤー=ラントルート、女優、歌手
  • 5月23日 – オースティン・カナラカン、フィギュアスケート選手
  • 5月27日 – ハイロ・ディアス、メジャーリーガー
6月
  • 6月3日 – ヨーダノ・ベンチュラ、メジャーリーグ選手(+ 2017年)
  • 6月5日 – アンドリュー・ヒーニー、メジャーリーガー
  • 6月7日 – エミリー・ラタコウスキー、ファッションモデル、女優
  • 6月8日 – テレンス・ゴア、メジャーリーグ選手
  • 6月8日 – R.J.アルバレス、メジャーリーガー
  • 6月9日 – 周洋、スピードースケート選手
  • 6月12日 – アビサイル・ガルシア、メジャーリーグ選手
  • 6月17日 – 波瑠、女優、ファッションモデル
  • 6月18日 – クセニア・クラシルニコワ、フィギュアスケート選手
  • 6月18日 – 岡本玲、女優、タレント
  • 6月21日 – 王月人、フィギュアスケート選手
  • 6月21日 – 安承珉、プロ野球選手
  • 6月21日 – ガエル・カクタ、サッカー選手
  • 6月21日 – ジェレミー・タイラー、バスケットボール選手
  • 6月21日 – ミン、歌手
  • 6月27日 – フリオ・テヘラン、メジャーリーガー
  • 6月28日 – ソヒョン(少女時代)
  • 6月28日 – アンジェリカ・シドロワ、陸上競技選手[2]
  • 6月29日 – カウィ・レオナルド、バスケットボール選手
  • 6月29日 – レーナ、シュートボクサー
  • 6月30日 – 夏帆、女優
7月
  • 7月3日 – アナスタシア・パブリュチェンコワ、テニス選手
  • 7月6日 – ヴィクトワール・ティヴィソル、女優
  • 7月10日 – ニキータ・カツァラポフ、フィギュアスケート選手
  • 7月10日 – 前田敦子、女優
  • 7月11日 – 坂口健太郎、俳優、モデル
  • 7月12日 – ハメス・ロドリゲス、サッカー選手
  • 7月13日 – タイラー・スカッグス、メジャーリーガー
  • 7月15日 – デリック・フェイバーズ、バスケットボール選手
  • 7月15日 – エルビス・アラウホ、プロ野球選手
  • 7月16日 – トミー・ジョゼフ、メジャーリーガー
  • 7月18日 – 山本美月、モデル、女優
  • 7月21日 – 安井謙太郎、ジャニーズJr.(Love-tune)
  • 7月22日 – ジェイク・バレット、メジャーリーガー
  • 7月26日 – クリスチャン・アダメス、メジャーリーガー
  • 7月30日 – イダ・ボバック、オリエンテーリング選手
8月
  • 8月1日 – 工藤阿須加、俳優
  • 8月6日 – ウィルマー・フローレス、メジャーリーグ選手
  • 8月7日 – マイク・トラウト、メジャーリーグ選手
  • 8月8日 – ヤンディ・ディアス、メジャーリーグ選手
  • 8月9日 ‐ フルカン・アルデミル、プロバスケットボール選手
  • 8月11日 – ウィルフレド・トーバー、メジャーリーグ選手
  • 8月13日 – ランドル・グリチャック、メジャーリーグ選手
  • 8月15日 – アーミン・マーバヌーザデー、フィギュアスケート選手
  • 8月16日 – イヴァナ・リンチ、女優
  • 8月18日 – ブリアナ・ローリンズ、陸上競技選手
  • 8月20日 – コーリー・ジョセフ、バスケットボール選手
  • 8月21日 – メイソン・ウィリアムズ、メジャーリーガー
  • 8月22日 – メリシアン・ベンゾン、フィギュアスケート選手
  • 8月22日 – フェデリコ・マケダ、サッカー選手
  • 8月24日 – 王鎮、陸上競技選手[3]
  • 8月26日 – エカテリーナ・シェレメティエワ、フィギュアスケート選手
  • 8月30日 – ファリド・マンマドフ、歌手
9月
  • 9月3日 – ギルツ・イェーカブソンス、フィギュアスケート選手
  • 9月4日 – カーター・ジェンキンス、俳優
  • 9月5日 – スキャンダー・ケインズ、俳優
  • 9月6日 – タイラー・オースティン、マイナーリーガー
  • 9月9日 – オスカル、サッカー選手
  • 9月14日 – グレゴリー・ポランコ、メジャーリーガー
  • 9月14日 – ティム・アサートン、マイナーリーガー
  • 9月14日 – 新山らん、グラビアアイドル、AV女優
  • 9月17日 – 石川遼、ゴルファー
  • 9月18日 – ジョン・シングルトン、メジャーリーガー
  • 9月19日 – ヘム・アルヘナル、プロ野球選手
  • 9月20日 – スペンサー・ロック、女優
  • 9月20日 – 沈東燮、プロ野球選手
  • 9月20日 – 松川尚瑠輝、俳優
  • 9月23日 – メラニー・ウダン、テニス選手
  • 9月23日 – ダニエル・ドッツァウアー、フィギュアスケート選手
  • 9月24日 – 早乙女太一、俳優
  • 9月27日 – シモナ・ハレプ、テニス選手
  • 9月27日 – トーマス・マン、俳優
  • 9月27日 – 内田理央、グラビアアイドル・女優・ファッションモデル
  • 9月28日 – エディ・ロザリオ、メジャーリーガー
10月
  • 10月2日 – キャム・ベドローシアン、メジャーリーガー
  • 10月7日 – チョン・ニコル、KARA
  • 10月11日 – ジオバニー・ウルシェラ、メジャーリーグ選手
  • 10月11日 – 韋永麗、陸上競技選手[4]
  • 10月16日 – ジョナサン・スコープ、メジャーリーグ選手
  • 10月17日 – スタニスラフ・コバリョフ、フィギュアスケート選手
  • 10月19日 – ケビン・アルベス、フィギュアスケート選手
  • 10月26日 – ドミニク・レオン、メジャーリーグ選手
  • 10月26日 – 渡部秀、俳優
11月
  • 11月5日 – リュボーフィ・イリュシェチキナ、フィギュアスケート選手
  • 11月6日 – ポール・ポワリエ、フィギュアスケート・アイスダンス選手
  • 11月9日 – 文聖現、プロ野球選手
  • 11月13日 – ローガン・ウェイド、野球選手
  • 11月13日 – ジェフリー・ブルマ、サッカー選手
  • 11月14日 – サンドラ、チャイルドモデル
  • 11月14日 – 細田智也、政治家
  • 11月16日 – ディッキー・ジョー・ソン、マイナーリーガー
  • 11月21日 – アルマズ・アヤナ、陸上競技選手
12月
  • 12月1日 – 孫楊、競泳選手
  • 12月5日 – クリスチャン・イエリッチ、メジャーリーグ選手
  • 12月7日 – ソニア・ラフエンテ、フィギュアスケート選手
  • 12月7日 – 桜田通、俳優
  • 12月9日 – アメル・ブレコヴィチ、フィギュアスケート選手
  • 12月13日 – おのののか、グラビアアイドル、タレント
  • 12月14日 – 高畑充希、女優、歌手
  • 12月15日 – ジェヒュー・ゴードン、陸上競技選手
  • 12月15日 – カイル・クロケット、メジャーリーグ選手
  • 12月16日 – 矢野聖人、俳優
  • 12月17日 – イ・ジェジン、FTISLANDのメンバー
  • 12月19日 – デクラン・ガルブレイス、歌手
  • 12月21日 – 森本裕介、システムエンジニア
  • 12月23日 – ファニョニ・アラン、野球選手
  • 12月24日 – ルイ・トムリンソン、ワン・ダイレクション
  • 12月26日 – イーデン・シェール、女優
  • 12月26日 – 佐香智久、歌手
  • 12月29日 – オデュベル・ヘレーラ、メジャーリーガー

死去

ラジーヴ・ガンディー(5月21日暗殺)
1月
  • 1月3日 – ルーク・アップリング、メジャーリーガー(* 1907年)
  • 1月11日 – カール・デイヴィッド・アンダーソン、物理学者(* 1905年)
  • 1月16日 – プレストン・クラウド、古生物学者・地理学者(* 1912年)
  • 1月18日 – ジャコモ・マンズー、彫刻家(* 1908年)
  • 1月30日 – ジョン・バーディーン、物理学者(* 1908年)
2月
  • 2月7日 – オットー・フリードリッヒ・ボルノウ、教育思想家(* 1903年)
  • 2月10日 – ワルター・クリーン、ピアニスト(* 1928年)
  • 2月13日 – フラヴィアーノ・ラボー、テノール歌手(* 1927年)
3月
  • 3月2日 – セルジュ・ゲンスブール、作曲家、歌手(* 1928年)
  • 3月17日 – ローター・コッホ(Lothar Koch)、元ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団首席オーボエ奏者(* 1935年)
  • 3月21日 – レオ・フェンダー、エレクトリックギター製作者(* 1909年)
  • 3月25日 – アイリーン・ジョイス、ピアニスト(* 1908年)
4月
  • 4月3日 – グレアム・グリーン、小説家(* 1904年)
  • 4月3日 – ロベール・ヴェイロン=ラクロワ、チェンバロ奏者・ピアニスト(* 1922年)
  • 4月4日 – マックス・フリッシュ、作家・建築家(* 1911年)
  • 4月8日 – デッド、ミュージシャン (メイヘム) (* 1969年)
  • 4月9日 – ノリス・ボーデン、フィギュアスケート選手(* 1926年)
  • 4月10日 – ケヴィン・ピーター・ホール、俳優(* 1955年)
  • 4月16日 – デヴィッド・リーン、映画監督(* 1908年)
  • 4月20日 – ドン・シーゲル、映画監督(* 1912年)
  • 4月20日 – スティーヴ・マリオット、ロックミュージシャン(* 1945年)
  • 4月20日 – バッキー・ウォルターズ、メジャーリーガー(* 1909年)
  • 4月21日 – ヴィリー・ボスコフスキー、ヴァイオリニスト・指揮者(* 1909年)
  • 4月26日 – カーマイン・コッポラ、音楽家(* 1910年)
5月
  • 5月1日 – チャールズ・エルトン、動物学者(* 1900年)
  • 5月8日 – ルドルフ・ゼルキン、ピアニスト(* 1903年)
  • 5月14日 – 江青、毛沢東夫人・文化大革命期の四人組のひとり(* 1915年)
  • 5月17日 – ジョージ・イヴリン・ハッチンソン、動物学者(* 1903年)
  • 5月21日 – ラジーヴ・ガンディー、元インド首相(* 1944年)
  • 5月23日 – ヴィルヘルム・ケンプ、ピアニスト(* 1895年)
  • 5月23日 – ジョン・バーディーン、物理学者(* 1908年)
6月
  • 6月3日 – カティア・クラフト、火山学者(クラフト夫妻)(* 1942年)
  • 6月3日 – モーリス・クラフト、火山学者(クラフト夫妻)(* 1946年)
  • 6月3日 – アンディ・ミリガン、劇作家・脚本家・映画監督(* 1929年)
  • 6月6日 – スタン・ゲッツ、ジャズ・サックス奏者(* 1927年)
  • 6月10日 – ディック・ミネ、歌手(* 1908年)
  • 6月15日 – アーサー・ルイス、経済学者(* 1915年)
  • 6月15日 – ハッピー・チャンドラー、MLBコミッショナー(* 1898年)
  • 6月29日 – アンリ・ルフェーヴル、哲学者、社会学者(* 1901年)
7月
  • 7月14日 – アイザック・バシェヴィス・シンガー、小説家(* 1902年)
  • 7月27日 – ピエール・ブリュネ、フィギュアスケート選手(* 1902年)
8月
  • 8月4日 – エフゲニー・F・ドラグノフ、銃器設計者(* 1920年)
  • 8月5日 – ガストン・リテーズ、作曲家・オルガニスト(* 1909年)
  • 8月6日 – マックス・ロスタル、ヴァイオリニスト(* 1905年)
  • 8月11日 – ヘルムート・ヴァルヒャ、オルガニスト(* 1907年)
  • 8月21日 – ヴォルフガング・ヒルデスハイマー、作家(* 1916年)
  • 8月22日 – ボリス・プーゴ、ソ連の内務相・ソ連8月クーデター首謀者のひとり(* 1937年)
  • 8月25日 – ニーヴン・ブッシュ、小説家・映画脚本家(* 1903年)
  • 8月30日 – ジャン・ティンゲリー、現代美術家(* 1925年)
9月
  • 9月3日 – フランク・キャプラ、映画監督(* 1897年)
  • 9月17日 – ジノ・フランチェスカッティ、ヴァイオリニスト(* 1902年)
  • 9月24日 – ドクター・スース、絵本作家(* 1904年)
  • 9月28日 – ウジェーヌ・ボザ、作曲家(* 1905年)
  • 9月28日 – マイルス・デイヴィス、ジャズトランペット奏者(* 1926年)
10月
  • 10月7日 – レオ・ドローチャー、プロ野球選手・プロ野球監督(* 1905年)
  • 10月27日 – アンジェイ・パヌフニク、作曲家(* 1914年)
11月
  • 11月5日 – フレッド・マクマレイ、俳優(* 1908年)
  • 11月6日 – ジーン・ティアニー、女優(* 1920年)
  • 11月8日 – シャーロット・モーマン、チェリスト・パフォーマンス・アーティスト(* 1933年)
  • 11月9日 – イヴ・モンタン、俳優(* 1921年)
  • 11月11日 – ウィリアム・アフィルス、プロレスラー(* 1929年)
  • 11月14日 – トニー・リチャードソン、映画監督(* 1928年)
  • 11月15日 – ロバート・マッコール、フィギュアスケート選手(* 1958年)
  • 11月18日 – グスターフ・フサーク、チェコスロヴァキアの指導者(* 1913年)
  • 11月21日 – ダニエル・マン、映画監督(* 1912年)
  • 11月23日 – クラウス・キンスキー、俳優(* 1926年)
  • 11月24日 – フレディ・マーキュリー、クイーンのヴォーカリスト(* 1946年)
  • 11月24日 – エリック・カー、キッスの2代目ドラマー(* 1950年)
  • 11月27日 – ハリー・スミス、芸術家(* 1923年)
12月
  • 12月1日 – ジョージ・スティグラー、経済学者(* 1911年)
  • 12月6日 – リチャード・ストーン、経済学者(* 1913年)
  • 12月15日 – ヴァシリ・ザイツェフ、ソビエト連邦の狙撃兵(* 1915年)
  • 12月17日 – ダナ・アンドリュース、俳優(* 1909年)
  • 12月19日 – ポール・マクスウェル、俳優(* 1921年)
  • 12月22日 – エルンスト・クルシェネク、作曲家(* 1900年)
  • 12月28日 – カサンドラ・ハリス、俳優・ボンドガール(* 1952年)
  • 12月31日 – フェリシア・ブルメンタール、ピアニスト(* 1908年)

ノーベル賞

  • 物理学賞 – ピエール=ジル・ド・ジャンヌ
  • 化学賞 – リヒャルト・エルンスト
  • 生理学・医学賞 – エルヴィン・ネーアー、ベルト・ザクマン
  • 文学賞 – ナディン・ゴーディマー
  • 平和賞 – アウンサンスーチー
  • 経済学賞 – ロナルド・コース